お気軽にお問い合わせ下さい。082-277-2423

沖機械株式会社>

工務店・設計事務所の皆様へ

  現在、全自動万能プレカットマシンである、フンデガーK2及びK3は、2000年12月に第1号機が日本へ導入されて以来、現在までに全国各地に約30台が納まり稼働しています。
おかげさまで、それぞれのユーザーにて加工された特殊物件の実績も数多くなり、業界の中でも知る人ぞ知る機械として認知されつつあります。その証拠に全国の工務店様や設計事務所様からフンデガーユーザーを紹介してほしいという問い合わせが多くなっています。
  このフンデガーK2及びK3は、これまで熟練の大工さんでしか成し得なかった手間のかかる加工の数々をCAD/CAM連動で実現できるところにその存在価値があり、機械の性能だけでなく、既存プレカットCADでは描ききれない特殊な収まりも描ききる、3次元フリーデザインCAD「HSB−CAD」の存在もまた重要なウエイトを占めています。
  このCADをどこまで使いこなしているかで、K2及びK3ユーザーのそうした特殊物件に対する対応力にも差が出る場合がありますので、弊社では、皆様のご要望やご希望のエリア、工法、難易度に合わせてそれぞれに適したユーザーをご紹介する制度を設けています。
  在来工法の横架材・柱材・斜め材・登り材・振れ隅・羽柄材その他様々な特殊加工が必要な一般的な住宅から、公共物件等の大型物件の在来と特殊金物の組み合わせた工法、汎用金物であるクレテック、テックワン、HSメタル、ナックル、木建、プレセッター、SE構法等の工法に対応するだけでなく、それらに付随する手加工が必要な部分もそのほとんどを機械で加工することができます。また、ログハウスや2x4、その他オリジナル工法にも柔軟に対応できるのが特徴です。
  また、加工寸法も10mを越える長さの材料に対応し、300x450(オプションで625mm迄)の材料を加工できますので、通常のプレカットラインでは流せない材料の機械加工が可能となっています。
  従来、加工の難易度が高く、プレカット工場に断られたり、たらい回しにされてきた特殊物件に対応できる加工機が「フンデガーK2&K3」であり、その自在性に対応しうるCADがAutoCADベースの3次元CADである「HSB−CAD」です。
  皆様には是非、既存の概念にとらわれない、創造力を活かした個性的な物件を次々実現していただきたい!それにより、施主様はそのオリジナリティに満足し、設計事務所や工務店の皆様は、その物件を手がけたという自信とそれによる宣伝効果が得られ、そして弊社は機械を更に広く認知していただくことができるというわけです。 ご興味がございましたら、お気軽に是非一度ご連絡ください。

                         設計事務所・工務店支援担当 沖機械株式会社 木元


このページのトップへ

 

沖機械株式会社   733-0833 広島市西区商工センター4丁目4−4  
TEL: 082-277-2423  FAX: 082-277-2439